求人は … 本格的な 「スカウト活動」 を、併用する時代!

投稿日:

求人は …
本格的な 「スカウト活動」 を
併用する時代に、入っています!
例え、パート&アルバイトであっても
同じことが言えます!
まずは、下記2種類の 「求人の違い」 を
今以上に意識する必要があると思います!

 ① ニーズ型の求人
 ② ウォンツ型の求人


① ニーズ型の求人 とは …
  下記のようなパターンです
最低10人必要な環境で
現在8人しかいないので、残り2人が必要
このパターンであれば
ハローワークや求人誌などが有効ですが …
もし、下記のようなパターンなのであれば
ハローワークや求人誌の向こう側に
欲しい人材がいることは 「稀=まれ」 です
 ↓ ↓ ↓
② ウォンツ型の求人 とは …
 ◎ 今すぐに
   即戦力となる人が欲しい
 ◎ 特別なスキルを持った人が欲しい
 ◎ 近い将来
   現場を取りまとめできる人が欲しい
しつこいようですが
上記のような人たちは

ハローワークや求人誌の向こう側に
… 「いません」

あまり大きな声では言えませんが …

欲しい 「人材」 は
他社・他店にいま~す (笑)


スキルや経験は
もちろん大切ですが …
そのスキルや経験を動かす土台は
働く人、ひとりひとりのモチベーション。
つまり 「やる気」 です!


さてさて …
 ◎ 求人誌 (タウンワークなど) への掲載
 ◎ 求人サイトへの掲載
 ◎ ハローワークでの求人などは …
基本的には
 ① いま働いていない方
 ② いまの会社を辞めたい方
などが対象となっていると思います。


しか~し
 ③ いまの仕事で、充実して働いている方
 ④ いまの仕事で、会社が手放したくない方
 ⑤ いまの仕事を、辞めようなどと思っていない方
このような方々が
もし、いま、あなたの会社に来たとしたら
どのようなパフォーマンスをしてくれるか?
このような 「妄想」 してみたこと、ありますか~ (笑)
統計的に見ても
このような方々が
もし、あなたの会社に来たと仮定して
やっぱり、同じように
 ★ 充実して働いてくれる可能性が高く
 ★ 会社が手放したくない存在となる可能性が高いのです!


それでは、こういった方々へ
あなたの会社が
「来てほしい」 と思っていることを
そして、あなたの会社で
「働いてほしい」 と思っていることを
どのようにして伝えますか?
なぜなら …
 ▶ こういった方々は、求人誌を手に取りません
 ▶ 求人サイトも見ません
 ▶ 新聞の求人欄も見ません
 ▶ もちろん、ハローワークへも行きません


つまり 「のどから手が出るほど」 欲しい人材に
アナタの会社の求人情報を
届ける作戦が、もし?あったとしたら …


あるんです … (笑)
それが 「動画=YouTube による求人作戦」 です!
 ↓ ↓ ↓
下記ページをご覧ください!
 ↓↓ ↓

http://bit.ly/1qOnYyj

2016 サービス業
「活性化ツール」 各種







 ブログランキング・にほんブログ村へ

-マネージメント・戦略・戦術

関連記事

no image

知らなかった~!<Facebookページ>こんな活用法

  商売に役に立つ 追加アプリがどんどん出てます! ※知ってる人は知ってる~(笑) これらを放り込んで上手に活用すれば… しかも、ほとんど「無料」で使えるという とっても、ありがた~い!お話 …

no image

欲しい 「人材」 = いまの仕事で、充実して働いている方 = 求人広告は見ません (笑)

あまり大きな声では言えませんが … 欲しい 「人材」 は 他社・他店にいま~す (笑) スキルや経験は もちろん大切ですが … そのスキルや経験を動かす土台は 働く人、ひとりひとりのモチベーション。 …

no image

「表現の自由」 と 「便乗商法」 との 「境界線」 が、難しいようです!

      またまた …   マーケティング業界では   新しい 「カタカナ言葉」 が   世の中を賑わせはじめています (笑) &nbsp …

no image

SNS (Facebookなど) イベント主催者 … 必須ノウハウ 「3×3の法則」

最近、またまた増えてきているかな~? そんな気がするのが …   ★ Facebook イベント案内 ( ご招待 ) です。   そのようなイベントなどを 主催される方に、耳寄りなお話を (笑)   …

no image

なぜ? お客さんは? いま来てくれているのか …?

思い描いていたようにお客さんが来ない。 そして、お客さんの数が増えないと …  ★ どうして?お客さんは来ないのだろう? このように 「来ない理由」 を探すことへ 一生懸命となってしまいがちですが … …