社長さん&上司さん、あなたは、いま … なぜ?… 腹が立っているのでしょうか?

投稿日:

フードビジネス 専門家 ファインド 札幌 太田耕平

 

 

あなたは、いま …
 
なぜ?
アタマに来ているのでしょうか?
 
あなたは、いま …
 
なぜ?
腹が立っているのでしょうか?
 
その、すべての結果と原因とは
… アナタ (自分) にある!と言われます
 

アナタ (自分) が
何か動いたことによって …
 
その、腹が立つ出来事の
「ほとんど」 が、起きていることが …
多いわけです!
 
もし、アナタ (自分) が
動かなかったとしたら …
 
その腹が立つ出来事は
起きなかった!なんていう場合が
ほとんどなわけです!
 

さて、「完璧主義者」
… という、性格の持ち主は
 
許すことのできる範囲が
非常に狭く
 
あらゆることに
口を出し、関与したがります
 
つまり …
 
アナタ (自分) が
何か動くケースも、多くなり …
 
だから、腹が立つ出来事も
どんどん、どんどん、増えて行きます (笑)
 
しつこいようですが、もう一度書きます!
 
 
★ アナタが
  何か動いたことによって
  その、腹が立つ出来事が
  起きています

 

許すことのできる範囲が狭い人
それは、イコール、度量の狭い人
ということになります!
 
逆に、度量の広い人 …

他人を受け入れられる

度量が大きくなればばるほど
 
自分に有益な 「人も情報も」
集まりやすい!と、言われます
→ 「波長の法則」
 
つまり …
① 自分の周りに、どんな人がいるか?
② 自分の周りで、どんなことが起こっているか?
 
それを見ることで
「自分自身の波長」 が
どのような状態なのか?
 
それを、知ることができるわけです!
 
まさに 「原因と結果の法則」 です

 

 

キレる!(壊れる) とは …
 
自分自身への期待感を
自分自身が達成できないことによって
 
自分自身がキレる!
… ことになるのが、ほとんど!
 
早い話が 「キレる!」 というのは
【ひとり相撲】
 
他の誰でもない、自分自身に
すべての原因と結果があるということ
 
わかっちゃいるけど …
これが、とっても難しい (笑)
 
だって、自分自身に期待するのが
 
ある意味では
「人生の楽しさ」 でもあるから!
 
だから、自分自身への
期待感を裏切らないように …
 
いつも、準備と訓練を
欠かさないようにしておかなくちゃ!
 
そして、自分自身への期待感は
… 「ほどほど」 が良い (笑)
 
自戒の念も込めて …!
 

 
★ ほとんどの原因は
  「自分にある」 と言って
  間違いないと思います!
 

 

自分にとって …
 
 ◎ 気に入らないことが起きた
 ◎ 不都合なことが起きた
 ◎ ショッキングなことが起きた
 
ジェームズ・アレンの書いた
「原因と結果の法則」
… ではありませんが (笑)
 
ほとんどの原因は
「自分にある」 と言って
間違いないと思います!
 
少なくても、私の場合は …
95%以上、自分に原因があります (笑)

 

 

「原因と結果の法則」

 
 ↓ ↓ ↓

 

 

2017 サービス業
「活性化ツール」 各種





ブログランキング・にほんブログ村へ

-マネージメント・戦略・戦術

関連記事

no image

どんな 「高額なセミナー」 であっても … 記憶・感動・知識などは … 長続きしない?

「見る・聞く」 という 人間が持つ 「5感」 のうち 基本的に 「2感」 だけを動かして … 参加するのが 「セミナー」 です 残念ながら … どんな 「高額なセミナー」 であっても その、記憶・感動 …

no image

【接客サービス】という仕事には、【3本柱 】がある!… 「業界39年間の私」 が思うに。

今さらながら!ですが … もう一度 「原点に戻って」  食の業界人が考えなくてはいけない … 【 接客サービス 】 とは いったいどんな仕事なのでしょうか~? 食の業界人 「37年間の私」 …

no image

何千年にも渡る料理の歴史の中で 「見たこと・聞いたことない」 メニューを探すほうが難しい!

      美味しいか?どうか?   売れそうか?どうか?は …   試作メニューを 作ってみてから考える!   とにかく、今までの 自分の …

no image

<松><竹><梅>のプライシングが変わってきた!

  ★いまどきの値付け(プライシング)<松><竹><梅>とっても長~い「商いの歴史」の中で、<3種類の価格>を用意することで、<真ん中の価格のメニューが売れる>という、 ある意味<変わること …

no image

日本を動かしてくれる理系大学の仕事人 … かなり多くの人たちが 「非正規雇用」 だった!

      私は、文系の出身なので     理系の出身の人たちのことを 本当に 「リスペクト」 しています!   私を含めた、一般人たちは …